介護タクシーなら大阪のあいわ介護タクシーへ 陸運局認可事業・2級ヘルパー在籍

Blog/2015-08-11

Top / Blog / 2015-08-11

日本で最も人気がある職業はタクシー運転手だ

参考消息は9日、「日本で最も人気がある職業はタクシー運転手だ」とする新浪娯楽の記事を掲載した。

日本のタクシーから受ける第一印象は、清潔であること。日本のタクシー運転手は会社からレンタルしているタクシーを使用しているが、彼らはこの車を「仕事の相棒」とみなし、大事に扱う。毎晩仕事が追われば自らの手で洗車し、細かい部分もおざなりにしない。

中国語では、何かの事柄や技能に長けた人に対する呼称として「○○手」という言葉を用いる。中国語の影響を強く受けている日本語において、この職業が「運転手」と称されることから、タクシー運転の技術・業界に対するリスペクトぶりが伺える。日本のタクシー運転手はみんなこぎれいな制服にピカピカに磨き上げられた革靴、こだわりのネクタイといった格好であり、シャツの上のジャケットにも寸分の乱れもない。そして、頭には帽子、手には白い手袋も着用する。そこには、いつでもお客さんに心地よいサービスを提供するという態度が示されているのである。

路上でタクシーを拾うと、自動でドアが開く。客が車内に座ると運転手が「閉めてもよろしいですか」と尋ねる。客の同意を得たうえで、ドアはゆっくりと閉められる。客が自らドアを開け閉めする必要はない。ただ、他の交通手段より値段がかなり高いので、一般市民はタクシーを使って出かけることが少ないのだ。

日本のタクシーが提供するサービスは単に客の送迎にとどまらない。介護タクシー、防犯タクシー、買い物タクシーなどといったさまざまなサービスが存在するのだ。高齢化が日々深刻化する日本では、介護タクシーを利用して出かけるお年寄りがますます多くなっている。運転手は直接お年寄りの家まで出迎え、靴を履くのを手伝ったり、車いすを用意したりする。利用に当たっては介護保険を適用することができ、わざわざバス停に行く手間も省ける。ただ、自宅と病院の往復のみでしか利用することができず、違う目的地に行く場合には別途予約が必要になる。そして、このサービスを提供できるのは介護資格を取得した運転手に限られるのだ。

また、防犯タクシーと称されるタクシーは、パトカーのような役割を果たす。辺鄙な地域で24時間365日運転されており、現地の商店で強盗事件などが発生した際、警察と連絡がとれない場合は、このタクシーに助けを求めることになる。また、犯人がタクシーで逃走すれば、運転手は無線を通じて警察の追跡に全面協力する。そのほか、タクシー運転手は買い物の手伝い、子どもの送迎、運転代行、さらには引っ越しまで、市民生活のさまざまな面におけるサービスを提供するのだ。ゆえに、日本人はタクシー運転手をとてもリスペクトしており、家族のように扱うのである。

「大きくなったらタクシー運転手になる」というのが、今や日本の多くの子どもたちが抱く理想なのである。



コメント


認証コード(9824)

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional